MLMとは

MLMとはMulti Level Marketingの略で、日本では主に「ネットワークビジネス」や「ネットワークマーケティング」と形態でよばれるマーケティングシステムです。

このMLMの最大の特徴は、消費者自身が販売システムに参加できる事。
店舗販売でなく口コミでの紹介販売である事。などが挙げられます。
この特色の中で、多 くの企業や消費者が参加をしており、日本だけでも500社以上のMLM企業があり、2000万人以上の人が何らかの形で、このMLM業界に携っていると言われて います。

MLMの始まりは、アメリカで1930年代に小売り販売の一形態として誕生しました。
その後、50年代にはタッパーウェア、アムウェイなどの企業が登場 し、日本でもイーオングループ、山之内製薬、カネボウ、ダイエー、ソニーなど大手企業が参入し、または、設立に携わり。
三基商事やノエビア、シャルレ、日健総 本社など様々な企業が業界の第一線で活躍しています。


現在、アメリカの大学では1つのマーケティングの形態として紹介されており、日本でも99年度から早稲田大学の一般ビジネススクールでMLMに関する講義が開催されています。

MLMは、法律上「特定商取引に関する法律」の中で「訪問販売」「通信販売」「連鎖販売取引」に該当します。
ネットワークビジネスの歩き方TOP